ガエタノ・コンプリ神父が送る
『これこそ聖骸布』とは


 本サイトを立ち上げたのは、非常に興味深い「聖骸布(Sindon)」と呼ばれる布について日本で研究の第一人者と言われるガエタノ・コンプリ神父である。信仰の有無もなく、この布に興味のある方々に科学、歴史その他の学問に基づいて、その存在の謎を解く手がかりを提供するためである。
 この布は、イエスの遺体を墓の中に包んだものだと言われる。その上に、「傷の血痕」の他に、「写真のネガ」のような「人の姿」が写っている。これがまだ解明されてない不思議な現象である。
 聖骸布とイエスとの関係については賛否両論があるが、真偽を判断するために、まず、存在する布そのもの、それに関する資料、それについて行われた研究を、客観的に視る必要がある。このサイトは、それらの手がかりを提供する。コンプリ神父の元には最新のカラー写真による実物大の聖骸布のレプリカがある。
 聖骸布について少しでも興味をお持ちの皆様に一読を勧める。お読みになった上で、もしご質問があれば、メールでコンプリ神父に問い合わせすることも可能である。(www.v-cimatti.com参照)

聖骸布について 目次


著者について


ガエタノ・コンプリ(Gaetano Compri)

 イタリア・ヴェローナ出身 現在は東京都・調布市にてチマッティ資料館の館長を務めている。