カトリック医師会と教皇庁大使のための聖骸布の講演

6月18日(日)15.00から2時間にわたって、カトリック目黒教会において、コンプリ神父が日本カトリック医師会のため聖骸布について講演を行い、22名は熱心にその説明に聴き入っていました。また、近くから見られる新しい写真に深い興味を示しました。質疑応答のなか、とくに布の上に人の姿が映った仕組みについて質問が集中しましたが、これこそ、今のところまだ答えがない問題です。

img01 img02

 

7月19日、教皇庁大使館においても、大使ご自身や数名のスタッフのために、コンプリ神父が聖骸布についてイタリア語で講演しました。家庭的雰囲気の中、新しい情報についての興味が絶えませんでした。聖骸布は信仰の問題ではありませんが、ヴァチカンの所有であり、歴史や科学的研究の新しい成果を軽視するわけにはいけません。

教皇庁大使館講演

 

サレジオ神学院 〒182-0033 調布市富士見町3-21-12
聖骸布のホームページ www.sindon-jp.com
チマッティ資料館のホームページ  www.v-cimatti.com